ブランド古着を売ってみよう!

ブランド古着をリサイクルショップに売る最適の時期がありますのでご紹介します。

シーズンの前に売るのがポイントです。

春物なら2月から3月上旬、夏物なら5月上旬から6月、秋物なら7月下旬から8月、冬物なら10月中旬から11月頃になります。

また、引っ越しの時期3月頃や、大掃除の時期12月などは売る人が多いので店頭が混んだり、高い値がつかなかったり買取ってくれなかったりしますので、世間の動きを読むことも必要です。

ようは、夏に夏物を冬に冬物のブランド古着を持っていかないようにしましょう。

また、店によって、買取値段が全然違ったりしますので、お気に入りのお店が見つかるまでいろんなところで買取ってもらうのもいいのかもしれません。

僕の経験ではAの店では500円だったのにBの店では倍の値段で買取ってもらったということもあります。

これは色違いの古着を試しに違うお店に頼んだ時のことです。

こんなふうに実験的にお店をまわることでブランド古着はココが良い!

というのがわかるようになりました。

世間では断捨離ブームですね。

いらない服を整理したいのはやまやまだけど、高価なブランド古着を捨てれない気持ちは誰もが同じなのではないでしょうか。

大切なことは思いついたら吉日、また今度捨てよう、ではその間にまた物が増えていきます。

思い切りが大事ということです。

僕は最近、引っ越しの片づけのついでにブランド古着を大量に売りました。

あんまり着ていないのに、売ってしまうのは服に対して申し訳ない気持ちもあるのですが、そうしたら本当に必要な服が見えてくるんですね。

これだけで十分だ!

という数になりました。

そして、次に何が足りないか、何が必要かということが見えてきます。

売り物にならない古着は買取店で処分してくれるのですごく助かりました。

引っ越しで出るゴミが少しでも自分で処理しなくていいというのは本当にありがたいです。

ブランド古着1キロ1000円とかで買取ってもらえるお店もあります。

皆さんもぜひ、捨てる前に売ってみてください!